reborn1_edited.jpg

​始まりの物語

2011年3月11日、

僕は福島の郡山にいました。

あの日、東日本大震災が起こり、

あたりの景色は大きく変わっていきました。

スクリーンショット 2022-04-04 7.04.12.png

すぐに自分たちができることをさせていただく中で、

 

人生や命についても

考える時間が増えました。

 

震災から半年後に、1つの言葉が頭に浮かび

その言葉がずっと離れられなくなりました。

 

その言葉は

「自分のできるやり方で笑顔や希望を

 どうしたら増やせるだろう?」

 

いろんな方に相談をして

ワクワクした気持ちで答えていくと

2のキーワードが出てきました。

「100」 と 「マラソン」

僕はどういう意味なんだろうと思い

ワクワクで考えていると

これはそのまま繋げると、、

「100キロマラソン走れ」かな?と思い、

単純な僕は、なんだかワクワクして、

13時間以内で完走を目指す100キロマラソンを見つけ

「これだ!!」と思い、挑戦することを決めました!!

それから、練習は15分からスタートしました。

少しずつ時間と距離と練習頻度を

増やしていけるようになりました。

 

初めて100キロマラソンに挑戦した時、

ドキドキしてスタートしたのですが、

タイム制限で77キロでリタイヤとなりました。

あの時、これで「終わり」と決めていたら、

マラソンを辞めていたのですが、

 

悔しくて、もっと練習しようと決めて

翌年、再挑戦をすると

なんと12時間24分でゴールすることができました!!

スクリーンショット 2022-04-04 7.05_edited.jpg

SNSで色んな人から

「おめでとう」と祝福のメッセージをいただく中に

2人の方から

「勇気が出ました」「私も挑戦します」

自分のできるやり方で

笑顔や希望を増やせたと感じた瞬間がありました。

"自分のワクワクへの挑戦が、誰かの勇気に繋がる"

ということを実感しました。

それから

僕は1冊の本に出会い、

人生がさらに変化していきました。

 

ピーター・セージさんが書いた

「自分を超える法」という本の中に

世界でもっとも過酷と言われる

サハラ砂漠レースに挑戦する内容が書いてありました。

スクリーンショット 2022-04-04 7.21.21.png

 

サハラ砂漠マラソンは、

1週間250キロを駆け巡るアドベンチャーレースで

1週間分の食料・衣類・寝袋などを背負い、

大会が支給するのは、水とテントのみ

最高気温は50度近くまで上がり、

最低気温は10度台まで下がり

地球上でもっとも厳しく、

荒れた地形の1つであるサハラ砂漠を走破する

世界で最も過酷と言われるレースです。

 

レース中、ピーターさんはあまりにも過酷で、

もうリタイヤしようと思った時、

 

60代の盲目の男性が諦めずに歩き続け

手首に結ばれた縄をガイドに

誘導してもらっている姿を見つけました。

 

明らかにアスリートではない盲目の男性が、

なぜ世界でもっとも過酷なサハラマラソンに挑戦しているのか?

 

ピーターさんは、

その方がどうして挑戦しているか聞きたくなり

近づいて話しかけると、

その盲目の方はこう話してくれました。

 

「 僕は家族を病気で亡くし、

以来毎年レースに参加することで

募金を集め、その募金を病院に寄付している 

 

僕は、とても衝撃を受けて

「 自分のためだけでなく、

他の人のために走っていたこと 」

にすごく感銘を受けました。

 

そして、あの時の自分は

今すぐに盲目の男性のように自分のためでなく、

他の人のために走ることはできないけど

 

今すぐできることは

「サハラ砂漠マラソンに挑戦することはできる!」

と思い(こうちゃん、そこ!?笑)

 

それから、

世界のもっとも過酷と言われる

250キロレースに挑戦を決めました。

スクリーンショット 2022-04-04 7.27.23.png

「誰かの挑戦が誰かの勇気につながる

 誰かの挑戦が誰かの幸せにつながる」

 

というテーマのもとに

TEAM A☆H☆Oという挑戦するチームを作りました。

8年前、

いっぱいの方に応援していただき

3人でサハラ砂漠マラソンに挑戦することができました。

その半年後には、

4人になってブラジル・ジャングルマラソンに挑戦。

 

諦めずに仲間と励まし合って前に進んでいくと、

日本人初の快挙となるチーム部門で優勝することができ、

ニッケイ新聞に取り上げられました。

 

その後も、

ワクワクした気持ちのままに挑戦をし続けていくたびに

どんどん仲間が増えていきました。

 

さらに、その様子を撮影し、

全くの未経験から

ドキュメンタリー映画づくりにも挑戦しました。

 

仲間と助け合いながら映画が完成し、

1作目は、3カ国語に訳され

アメリカ上映ツアーまでさせていただきました。

 

また、2作目では、文部科学省選定映画になりました。

 

そして、いつか自分達でも

海外アドベンチャーレースを主催したい!

と思っていたところにスリランカ

250キロレースを開催するチャンスをいただきました。

 

「3.11のあの時」から

自分のできるやり方

笑顔や希望をどうやって増やせるだろう

考え、自分のワクワクを信じて行動していくと

 

素敵な仲間たちと共に挑戦がはじまり

奇跡のような物語が始まっていきました。

lifetreasure2初上映_edited.jpg

 

それから海外を中心に仕事をしていくぞ~!

会社を立ち上げた途端に、

 

コロナウイルスが流行して

海外に行けなくなり仕事が0になりました。

 

そんな時でも

 

今までの経験のおかげで

大変なことを楽しむことができ、

自然が最高にキレイな場所で

​宿泊施設を始めたり、

さらに可能性を拡げていくことができました!

ワクワクする気持ちを大切にしていくと

大切な仲間たちと一緒に

どんどん幸せに運ばれていきました。

244307726_4735163689869198_4326899299129395098_n_edited.jpg

今、僕は月2回の夜に

ひすいこたろうさんの本

「あした死んでも後悔しないためのノート」を活用して

人生や、命を見つめ直すワークを行なっています。

 

 

ひすいさんの本を1周読み終え

2周目も読み終えようとした頃

さすがに3周 同じことをするのは、、、

と思っていたのですが、

 

参加するメンバーから嬉しいメールをいただきました。

「ハッピー習慣もRebon happyも

それぞれの特性があって私には大切な自分時間です。

そんな場所を作ってくれたこうちゃんに感謝しています」

僕がしたいことは「これだ!!!」と

再確認することができました。

サハラ砂漠マラソンに挑戦した盲目の方が

「自分のためだけでなく、他の人のために走っていたこと」

に感動した気持ちを思い出しました。

 

僕も、大切な人の、大切な自分時間を作る

お手伝いができているんだ!

 

こうして

一緒に喜び合えることが本当に幸せです( ^^ )

 

人生を見つめ直す時間。

 

仲間とワクワクを分かち合う時間。

 

ここから始まる奇跡を一緒に楽しみたいです!

 

月2回のReborn happyの会に

一緒に喜び合えたら幸せです。

 

大切な自分時間を一緒に作っていきましょう!!

どうぞ宜しくお願いします。

ハッピー!!

マンモスこうちゃんより

239844720_4595440233841545_8624991605801529699_n.jpeg

​Reborn happyの会​
​2022年スケジュール

時間は全日程

夜19:30から20:50です

5月12日 (木)
5月26日 (木)
6月 9日 (木)
6月23日 (木)
7月 7日 (木)
7月21日 (木)
8月 9日☆(火)
8月25日 (木)
9月15日 (木)
9月22日 (木)
10月 6日 (木)
10月20日 (木)
11月10日 (木)
11月24日 (木)
12月 1日 (木)

12月15日 (木)

​Reborn happyの会​

 

【開催曜日】

毎月2回 木曜日 

【時間】

夜19時30分から21時50分まで

(1時間20分)

【参加方法】

ZOOM 

(スタートの5分前から入れます。)

【参加費】

月額3300円

(HAPPY習慣に参加の方は月額2200円)

 

【必要な持ち物】

筆記用具

ひすいこたろうさんの本

「あした死んでも後悔しないためのノート」

スクリーンショット 2022-04-21 10.49.26.png