top of page

ゆみちゃん


私は18歳の時うつ病になりました。


昔から人とコミュニケーションをとることや自分の気持ちを伝えることがとても苦手。

身に覚えのない噂からいじめがはじまり、ずっと学校生活をうまく送ることができませんでした。


私が住んでいたところは海と山に囲まれたど田舎。

進学しても顔ぶれがほとんど変わらなくて、一度人間関係に失敗すると学校生活が難しくなる空気感があったのです。


環境が変われば何かが変わるんじゃないかと県外の大学に進学したけれど、大学でもいじめのターゲットに。

(自分自身がが変わっていないのだから当たり前だって今ならわかる〜)


その他にも一人暮らしの部屋に侵入されそうになったり、痴漢にあったり、悪いことが続き、大学に進学して半年でが折れてしまいました。


「無理だ。もう頑張れない。落ちるところまで落ちよう。。」


すぐ病院に行くことになり、うつ病と診断されました。

絶対に戻りたくなかった実家に一旦戻り、たくさん薬を飲み、精神科に入院もしました。


辛い、苦しい、きっともう立ち直れない。

どこで間違ってしまったんだろう。

本当生きるのに向いてないな・・

眠ることもできず、天井を見ながら泣いていました。


ある日1人暮らしの部屋で、決められた量の薬を飲んで体が全く動かなくなってしまうことがありました。

「あぁ、このまま死ぬのかな?ずっと死んでしまいたかったけど、この死に方は嫌だな・・」


1時間ほどして体が動くようになりました。

「生きてた・・」


薬を飲んでも全然良くならない。

またこんな事が起こるのも嫌だから病院も薬もやめよう。大学も辞めよう。

どうせ死ぬならそのタイミングは自分で決めてやる!


知識もなく突然断薬してしまったので色々な症状に悩まされましたが、徐々に頭がクリアになっていきました。


とりあえずアルバイトをすることにした私は

『生きていれば人と関わることは避けられないからコミュニケーション上達のために接客業しかしない!』

と決めました。


最初は外に出ることすら大変で、

お店に出れば「いらっしゃいませ」が言えなくて、返事すらままならない状態。


毎日自己嫌悪に陥って、耐えられなくて辞めるのを何度も繰り返してしまいました。


たくさんの人、たくさんの会社に迷惑をかけ、気づけば転職回数は30回以上に。


でも何度も働くことに挑戦しているうちに、

徐々に人とコミュニケーションを取れるようになったり、長く続けられるようになっていったのです。


明らかに自分の変化がわかりました。


今の自分に出来そうにない事でもとりあえずやってみる。

失敗しても、何度でもやってみることで向き不向きや失敗する時のパターンがわかるようになり対処ができるようになりました。


小さな成功体験を積み重ねていくことで自分に自信もついてきました。


美容部員をやっていた時、社内のランキングに載ったことがあります。


全国800人の販売員の中で1ヶ月のリピート人数トップ10に入っていたのです。


数年前まで「いらっしゃいませ」も言えなかったのに、

いつの間にかたくさんの顧客さまが繰り返しお店に足を運んでくださるくらいコミュニケーションがとれる自分になることが出来ていました。



私はうつ病になった時、大きな挫折を経験しました。

もう普通には生きられないと思っていました。


でもその経験があったからこそ自分の人生を生き直すことができたのです。


この先どんな困難があっても楽しみながら乗り越えていける、今はそんな自信があります。


接客業で得たかったもの、全部手に入れた気がする。

次は何をしよう?

そう思っていた所にふっと現れたのが7日間で250キロ走るというマラソンでした。


行くと決めてから大会がコロナで延期になり、私は一人の子を授かり出産。

思いもよらなかったことの連続ですが、とてもワクワクしています。


何度も人生を諦めかけたけど、私も今では一児の母です。

やりたい事に全力で挑戦できる、なんて素晴らしい人生なんだろう。


失敗してみるもんですね!


こんなどん底を経験しても大丈夫なんだ、

幸せに生きれるんだって少しでも希望を持ってくれる人がいたら嬉しいです!

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

幸四郎

AKKO

らんぼう

bottom of page